右メニュー
メニュー
メニューを閉じる




メニューを閉じる




認知症家族会が開催されました

平成27年11月14日土曜日に今年度、第2回目の 認知症家族会が開催されました。

今回は『笑福(えふ)サミット』~笑う門には福来る~と題して、ご自身の介護体験に大臣の称号を考えていただき、その称号を選んだ理由や普段の介護体験を輪になり皆さんに話していただきました。

また、少しでも元気になってもらいたいと『笑う事の効果』や『手の効果』などの話や、全病棟のスタッフから募集した『元気が出る言葉や困難な時こんな言葉に支えられること』といったものを掲示し紹介しました。

素敵な笑顔も多かったのですが、介護体験を話しながら涙される方、聞いて涙される方・元気になる言葉を読んで涙される方など短い時間ではありましたがさまざまな想いの共有が出来ました。

今回より、地域の方も自由参加としたのですが、残念ながら地域からの参加はありませんでしたが、今後少しでも家族会の輪が地域にと広がっていけばと思っております。

介護に答えはありませんが実際に体験されている方のお話は介護するものや介護現場で働く者にっと手は何よりの気づきや心の支えになります。

参加いただいた方に心より感謝申し上げます

次回は来年の2月を予定しています。お気軽にぜひぜひご参加くださいね。

 

12

3

6

7

 

 

 

 

 

 

 





 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2015年12月09日