右メニュー
メニュー
メニューを閉じる




メニューを閉じる




充実したケアで患者さんのスキントラブルをなくそう (TQM活動)

1. 充実したケアで患者さんのスキントラブルをなくそう  (TQM活動)

2. こちらの精神科療養病棟では昨年度、TQM活動で褥瘡を軽減させることができました。

今年はスキントラブルは褥瘡だけではなく、新たな問題「スキントラブル」を解消すべく、スタッフ全員、色々な工夫をし、楽しく、いきいきと、チーム一丸となって取り組んでおります。

例えば介護度が高い患者さんを対象に湯船につかって爽快感を体感して頂きたいとの思いから「とくとく温泉」と称して特殊浴槽での入浴の促進、それに伴って業務の時間や入浴前後の処置の一覧表を作りなおすなど、様々な角度での業務改善を試みております。

1

(立川先生に取り組みを報告しているところです)

3.中間報告

 ・ぽらりす(重度認知症デイケア)と相談・調整しながら特殊浴槽を使用。
今までシャワー浴だった患者さんも、湯船につかれることで爽快感を体感する事ができ笑顔
増えました。

・表皮の清潔を徹底できたことで湿疹や水虫等の皮膚感染症が減少し、また湯船につかる事で体
循環が良くなり下肢末梢部のむくみの軽減や角化症が徐々に改善してきています。

・今回のTQM活動を機にスタッフのスキンケアに対する取り組む意識が変容し、処置内容の
見直しや業務分担表の再検討の等業務改善につながってきているように思います。

取り組みの様子)
2 3 6

4 5





 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2016年1月14日