右メニュー
メニュー
メニューを閉じる




メニューを閉じる




森林療法

森林療法

無言のうちに、自己を受容してくれる自然 
森林環境

鳥のさえずりや風の音を聴き、木の香りを嗅いだり木に触れることで、全身で自然を感じる。心身のリハビリテーションの一環として『森林療法』に取り組んで参ります。


森林療法始めました

森林療法

東京農業大学の上原巌先生をお招きし、森林療法の講義・近隣の里山の視察を経て、リハビリテーションの一環として森林療法を始めました。森林に出かけると気が付く自然や季節感、何も言わずとも・何もしなくとも人として受け入れてくれる森林に心地良さを感じました。職員も初めてですが、看護師・作業療法士などチーム連携で試行錯誤しながら取り組んでいきたいと考えています。

森林療法について(東京農業大学 教授 上原 巌)

森林療法

姫路北病院の周辺には、昔ながらの里山、田園風景が色濃く残っています。これは今風に言えば、とてもエコロジカルな立地環境であるということです。
現代の人工的な生活環境、たとえば騒音、排気ガス、都市部の喧騒、情報過多などのストレス要素から離れ、昔ながらの里山、森林の中に身を置くことは、私たちの人間性の回復に大きく作用することでしょう。その作用要素の一つに、森林には言葉がない、ということがあります。無言のうちに、自己を受容してくれる自然、森林環境。姫路北病院のケアのひとつとして、森林療法が大きな力を持つことを期待し、支援しています。


森林療法
  

活動内容(ブログ)

  • カテゴリーなし