右メニュー
メニュー
メニューを閉じる




職員インタビュー

就職して半年が経ちました

本年度に就職してから半年を経た看護師さんにインタビューを行いました。

本年度に就職してくださった方々を晴れやかにお迎えしたのもつかの間、はや半年が経ちました。
そこで、新卒の看護師さんと他科から転職されてきたベテラン看護師さんに感想を聞いてみました。

新卒看護師さん
 姫路北病院には実習に来させていただいて、初めて精神科をみました。イメージとは違い、患者さんにもスタッフにも笑顔があり、助け合い、温かい現場だなと感じました。みんなで意見を出し合いながら患者さんのことを一生懸命考えているところを間近で見て、こういう現場で働きたいと思い就職しました。そして、世間的なイメージをくつがえすくらいの思いで、パワフルに働きたいと思いました。
 就職してすぐは周りの状況を把握するのに精一杯でした。また、同期と比べられないか、先輩方とのコミュニケーションに悩まないかといった不安もありました。でも、たくさんの技術を経験する場を与えてもらえ、少しずつその不安もなくなり、自分が出せるようになってきたと思います。
 これから、もっと経験したい、頼りにされたい、この現場で学び続けたいと強く思います。たくさん知識をつけて、患者さんの小さな変化にも気付ける看護師になれるよう頑張りたいです。
転職看護師さん
 私は長い間、一般病院や訪問看護、ホームホスピスなどで看護を行っていました。就職前は、精神科に特化した訪問看護ステーションに勤めており、一般科の経験があるからなんとかできるだろうとやっていたのですが、精神・一般両方を知った地域の看護師が必要だと実感し就職しました。
 在宅意識が身についてしまっているので、病院で療養されている方をすぐに患者さんとしてみるのは心苦しく、症状や距離感のとり方に戸惑いがありました。しかし、スタッフの方々は何度聞いてもきちんと丁寧に教えてくださり、症状をしっかりみて、他職種と連携しながらケアが提供できるよう頑張りたいと感じています。繰り返しを意識して努力していき、自信をもって働きたいと思います。

新人看護師 転職看護師