右メニュー
メニュー
メニューを閉じる




職員インタビュー

勤続表彰(今月の職員紹介)

勤続表彰されたMさんIさんにインタビューを行いました。

 

Q:姫路北病院の魅力を教えてください。
Mさん 勤続30年 男性看護師
僕は、高校を卒業してそのまま看護助手として入職し、働きながら学校に通って、准看護師・看護師の資格を取得しました。
ちょうど先輩方も学校に通われていたので、流れで一緒に通うことになりました。資格を取得したことで、ここまで来れたと思います。
Iさん 勤続25年 女性看護師
私は、専業主婦からの再就職でした。子供も小さかったので、本人の家庭の状況を考慮していただいて働けるのがありがたかったです。そうでなければ長い年数を続けるのは難しかったと思います。
最近では法律で育児の為に1時間程遅く勤務したり、早く終業したりする制度ができましたが、そのような制度が無い時代にでも保育園に迎えに行くので1時間早く仕事を終えることをさせていただいていました。すごく助かりました。
今では、保育園に行っていた子供も早30歳になりました(笑) 

 

Q:育児や学校への通学にも配慮した、人にやさしい勤務環境なのでしょうか?
Mさん
Iさん
そうですね。

 

Q:精神科の魅力を教えてください。
Mさん 父親が建築関係の仕事をしていて、ある精神科病院の工事に入っている時に、男性でも看護師として働いているのを知ったようです。自宅から通える近い病院で働いてくれたらいいなという希望があったので、精神科で距離も近い姫路北病院に就職しました。
不安もありましたが、精神病という病気を知ることによって患者さんを理解することができました。
Iさん 小さい子供がいるので、時間通りに帰宅できるのが良かったです。
実際に入職してみて、精神科の仕事の魅力がよくわかりました。
患者さんと長い期間で接することにより、人が変わっていく節目に出会えたり、その方の人生そのものを見ることができることに魅力を感じます。 

患者さんにいつも声を掛けてもらって自分もほっとしますね。

 

Q:仕事のやりがいを教えてください。
Mさん 退院された患者さんが再入院されることがあったときに、「入院は嫌や」ではなく、「あぁ、あんたか。あんたがおってんやったら入院するわ」と言われ、治療を受けていただけるという関係が築けたことがうれしかったですね。それでよくなって帰って行かれる時も嬉しいですし。
Q:二人は一緒の部署で勤務されたことはありますか?お互いの印象は?
Mさん Iさんは一本筋が通っている。迷っているときでも「こうやで」と言っていただける。気兼ねなく分からないことを聴くことができました。迷っている時は、よくアドバイスをいただきましたね。
Iさん 初めて申し送りを受けた時に、大変すっきりとした申し送りをされるなと思い、頭がキレる方だなと思いました。