右メニュー
メニュー
メニューを閉じる




院内研修


今回は、

病棟での患者さんの食事場面を見て、

共立病院の木村忠勝さんが言語聴覚士の立場からご指導くださいました!

ありがとうございました!!

・舌の動きや口唇・頬の動きが十分あるか確認すること。

・口腔ケアの時に前歯と上唇の間や頬部をマッサージすると良いこと。

 ・飲み込みの悪い方は、よくしゃべってもらう、

           するめや麩菓子などを食べてもらい、口を動かす練習をする

などアドバイスを頂きました。

 

2017年03月26日 |

平成29年 2月28日(火)に青山先生にお越しいただき全体研修がありました。

日本人の健康寿命が第3位に下がった要因は『K・S・S・T』・・・が無いからと・・?

『K・S・S・T』・・とは

『K』・・家事  年をとると家事をしなくなるが、家事には「感謝・褒められる」がある。

『S』・・趣味  年をとると趣味をしなくなるが、趣味には「仲間」がある。

『S』・・仕事  年をとると仕事をしなくなるが、仕事には「役割」がある。

『T』・・太陽  年を取ると太陽を浴びなくなるが、太陽には「ストレス軽減・免疫効果

を増進」する効果がある。

誰しもが、健康で長生きをしたいと思っているのに、年を重ねる事で多くの事をしなくなってしまう、またはさせない環境が健康寿命を下げてしまっているのですね。

先生のお話のあとに、「一つでもいいから日々の生活の中に、健康になれる要素があるようなサポートが出来たらいいな~。その為にどんなことが出来るのだろう?」というような感想が多く聞かれました。

全体研修の後には日々のケアで困っているケースの介助の仕方を教えて頂いたり、ナイトセミナーではなんと、地域の方にも自由に参加いただいて講習会がありました。        『伴走型介護をしよう』というお話や楽技介護術の講習では、いろいろなケースに応じた介助方法を教えて頂きました。

『生活の場があっての楽技介護術!!』。私たちも患者さんが少しでも元気に、健康で生活ができるように、今後もさらにサポート力をつけていきたいと思います。

先生ありがとうございました

すーぱーRX倶楽部

          

2017年03月08日 |

今回の講師は共立病院、言語聴覚士の木村忠勝さんです!

誤嚥について教えていただきました。

研修アンケートには、

・嚥下時のプロセス、骨の動きが良く分かった。

・高齢の患者さんも増えている為、普段問題なく1人で食べている方でも

注意深く観ていく必要があると感じた。

・食事介助での注意すべきポイントが理解できて良かった。

   などのコメントが寄せられました。

次回(3月)は、

病棟での患者さんの食事場面を見て、

木村忠勝さんが言語聴覚士の立場からご指導くださる予定です!

宜しくお願いします!!

2017年02月15日 |

先日、新人の集いに参加された職員からアンケートがかえってきました。

その一部をご紹介します。

(ご協力ありがとうございました!!)

1.新人の集いの感想

・他病棟の新人と話をする事が出来てよかった。

・1つの目的に向かって協力し合うことが思った程難しくないと感じたのは、

 参加した全員がそれぞれの力を発揮したからだと思いました。

・初めて会った人と話し合ってうまくいくのか不安でしたが、

 みんな楽しく意見交換してうまく連携がとれてできました。楽しかったです。

・連携が取れるとスムーズにいくんだなと実感した。

 他部署の方と楽しく出来た事が良かった

・チームビルディング、

 実際に体を動かしやってみて(試行)からチームで他方面な意見もでて、

 取り入れも短時間にできた。

 称賛や応援の声かけもあってチームで盛りあがれたと思いました。

・同職場の方々と一緒に参加できたことは楽しかったです。

 自分たちで会場設定を考えて色々と考えていくうちに盛り上がりました。

・皆で協力して自分ができることを担当しながら昼食作りができ楽しかったし、

 うまくいったのではないかと思います。

 普段、話す機会のない他部署の人とも話ができてよかったです。ありがとうございま

    した。

・一人で悩むのではなく、思ったことや感じたことを

 まわりのメンバーに伝えることでチームが動くことに気づけた。

・係長さんや新人さんの顔がわかった事。

 みんなで話し合い、まとめて作業を行うチームワークなど良い経験ができたと思う。

・各病棟の新人の方の顔がわかり皆さんとゲーム等をして

 チームワークがよかったなと感じました。

 

 

2.姫路北病院を選んだ理由を教えてください

・精神科看護を学びたかった

・人間関係が良いと聞いたので

・地域に根ざした病院ときいて

・ぬくもりのある病院に勤めたかったから

・残業が少ない

・家から近い

・福利厚生がよい

・休みが取りやすい

・小さな子がいても働きやすいときいた

 

 

★新人の皆さんが今年を漢字1字で振り返ってくださいました★

  金・縁・楽・忙・改・頑・動・見・力

 

・さて、新人さんたちにとって2017年はどんな年になるのでしょうか?

期待しております!!

2016年12月28日 |

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0

 

10月22日に、笠原 健さんこと「けんぼ―」さんに来ていただき、研修会を行いました。

    %e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1 %e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2

 

ご自身の体験談や、今の思いをフランクに話していただきました。

医療従事者と当事者との両面からのご意見は、まさに目からうろこと言いますか・・・

何より言葉に説得力がありまして・・・

 

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a3

 

もっと聞いていたい!と思いながらもお時間が・・・。また来てくださいね~。お待ちしておりま~す!          出会いに感謝!

P.S.研修会後、マンツーマンでお話をしていただいた実習生が大変喜んでおりました。

何と贅沢な実習か・・・ありがとうございました!

→ 笠原 健さんのホームページはこちら(詩人artistけんぼー)

2016年11月17日 |

・第23回兵庫県作業療法学会「あなたの人生に彩りを!~地域を紡ぐ作業療法~」

兵庫県学会(龍野市アクアホール)

1

・私は個別プログラムにて関わってきた方の内容を

「デイケアでの料理が役割となり妻との交流につながった症例」と題して発表!

 今回、私にとって初めての県学会という事でどんな難しい質問をされるのだろうと

 ドキドキ(>_<);

 終わった後のみんなからの拍手にほっと・・・

 テーマであるように地域での取り組みや他職種との連携!!

 今後に活かしていきたいこといっぱいの1日でした(*^_^*)☆彡

                         作業療法士:川本

 

・僕は、「身体的愁訴により活動への参加に困難さを呈する脳血管性認知症の一例」

 という題で発表しました。

 発表後には他施設の方から

 デイケアで行っている活動について詳しくきかせてほしいと(@_@;)

 他施設との方々と相談が出来たこともめったにない経験で楽しかったです。

                          作業療法士:福井

 

 

・第50回 日本作業療法学会

「半世紀の実績と将来への展望~日本の作業療法を拓く~」

      11 12

「急性期治療病棟におけるタクティールケアの取り組み~アンケートを通して~」

 について発表してきました。

 会場は・・・、なんと北の大地北海道~!!!

 

 約30名の方がきいてくださりました。

 

 まだまだタクティールケアを取り入れているところは少なく、

 「初めてききました」と言う方が多かったように感じます。

 

 空き時間に、会場の近くを散策・・・

 自然も多く気温が18℃と、とても心地良い気候でした☆

 

 そして何より食べ物が美味しかったです!!

            13 作業療法士:田中

2016年10月13日 |