右メニュー
メニュー
メニューを閉じる




TQM活動

1 / 3123

本年度もTQM発表会が開催されました。

今年は平成最後、14回目の発表会でした。

発表1

毎年、各部署・病棟がコラボして、様々な着眼点から医療や業務の質改善に取り組んでいます。

発表会では、それぞれがユーモアあふれる方法で取り組みを発表します。

発表2

また、院内にとどまらず、毎年他の病院にもご参加いただき、医療に取り組むモチベーションを高め合っています。

これまでの取り組みを継続しながら、来年度もさらなる向上がのぞめるように奮闘していきたいと思います。

2019年02月01日 |

10月10日に3病棟TQMの取り組みで『秋 ふれ愛コンサート』を開催させていただきました!

ゲストに元宝塚歌劇団でプロデューサー・シャンソン歌手の千城恵さんと、千城恵さんの生徒さんでもありアマチュアシャンソン歌手の千輝世美さんが来て下さいました。

お二人の登場時から皆さん歌声に聴き入り美しいハーモニーに終始圧巻の様子でした。

涙を流し感動しながら歌声を聴いている患者様も。患者様の普段みられない姿をみることができスタッフもとても嬉しく感じました。

今回、患者様とスタッフがともに企画や運営をし、協力しあってコンサートを成功させることが出来て本当に良かったです。

≪患者様アンケートの一部を抜粋≫
・歌が上手かった。またこんな機会を持ってほしい。美人だった。
・和やかな雰囲気で心に染まる歌などとても穏やかな気持ちになりました。
・普段関わりのない病棟の方とみんなで歌って一体感を感じました。人は皆平等であること、それに気づかせてくれる歌の力、コンサートの魅力に感動しました。

またこのような企画を機会があればつくっていきたいと思います。
参加して頂いた皆様、ありがとうございました。

2018年11月13日 |

本年度も各部署でTQM(改善)活動が進んでいます!

ヒアリング風景01
9月5日に進捗確認のヒアリングを行いました。

ヒアリング風景02
各部署とも趣向を凝らしながら楽しく取り組んでいます。

いったいどんな活動が繰り広げられるのか、来年の発表会が楽しみです!

2018年09月08日 |

今年もTQMスタートしております!

毎度おなじみの立川先生が来られ、

 

毎年恒例の改善活動、

 

職員が手と手をとりあって始まっております!

(これまでのTQM活動の取り組みは過去のブログでご覧ください)

2018年07月12日 |

1.楽しく!クォリティー高く!みんなでとりくもう!

(第13回 TQMヒアリング)

 

今年もやっております、業務改善活動!

立川先生が来院され、各病棟の相談にのってくださいました!

・最初の時点で何を目指すのか、はっきりしないと、後半何をしてるのか、わからなくなりますよ!

 

・今までやってきたことを、
とぎれさせない事も大事です。
年度が新しくなるとともに、
活動が引き継がれなくなることが
多いんです。

 

・現状の把握から、
理由は何かを考える。
ここがぼんやりでは対策が
不十分になるんですよ。

                    (TQMの取り組みは過去のブログをご覧ください)

 

2017年09月21日 |

毎度おなじみの立川先生が来られ、

 

患者さん中心のTQM活動(かいぜん活動)開始!

  

他職種チームで取り組んでおります!!

 

会場も熱かったですが、職員のやる気も熱かった・・・。

(これまでのTQMの取り組みは、過去のブログでご覧ください)

2017年06月08日 |

西野院長の挨拶で、第12回TQM発表会がスタート!!

・各部署が「かいぜん」活動の取り組みを、

10~15分程度にまとめてプレゼンテーション。

立川先生がコメント・アドバイスを下さいました。

・床から車椅子へ介助者2名で実施する場面や

車椅子の患者さんを介助者3名で階段を降りる場面を、

舞台の上で実演し、

TQM発表会に来られた方に体験してもらうような発表もありました。

 

・患者さんを中心に業務を改善した経過、

職員が悩んだり相談したり、部署の垣根を越えて連携ができるところに、

姫路北病院の「働きがい」があると感じました。

2017年01月30日 |

12月13日に今年最後の地域合同楽技介護術勉強会が開催されました

今年一年、外部のいくつかの施設の方も参加いただいて研修を重ねて着ました。

「こんなことに困っているからいい方法はないですか?」という相談に、みんなで考え検討した試行錯誤の一年でした。しかし、多くの方の意見やスキルから学ぶことも多く、現場に活かせた事も多々ありました。

来年も引き続き、頑張って取り組みますので、ぜひぜひご興味のある方はお気軽にご参加ください。

今年も一年ありがとうございました。

img_9100 img_9101

img_9102 img_9099

2016年12月31日 |

午後の取り組みで感心したことは「熱意」

利用者さんにより良い時間をすごしてほしい!!

そんな想いで職員たちはチームで知恵を絞り、いろんな対策を実施していました。

 

ぽらりす(重度認知症患者デイケア)では、

利用者さん1人1人それぞれに居心地のいい空間にしようと、

個別の活動や関わり方に工夫をされていました。

「やってみたいこと探し」

利用者さん参加型の活動が増えそうですよ~、楽しみです!

 

精神科デイケアでは、

入院中にIMR(Illness Management and Recovery)に参加した患者さんたちが、

退院しても継続してデイケアでIMRに参加できるように改善に取り組まれています。

また、利用者さんが就労したお店へ見学ツアーも実施。

実際に働いているところへ、

デイケアの職員・利用者さんがお客さんとして出向いていますよ~、面白そうですね!

 

 

立川先生名言集)4

 ・まねをするのよ~、それこそまね~ジメントですよ!

5

・「良い・普通・悪い」のアンケート・インタビューじゃね~
何が良かったのか具体的に分からないよね~
「○○はどうでしたか?」とか具体的にきかないと・・。

6

 ・スタッフが入れ替わると失われることがあるんですよ~
 年度末から新年度が始まる時に気を付けないといけませんよ、継続が大事です!

7 ・知識としては知っているんですけどね、
「いざ」となると動けないんですよ~、だから
実際にやってみる事が大事です!!

2016年11月10日 |

午前中での取り組みで驚いたことは、

 

精神科療養病棟での転倒予防のとりくみ!

「おっとっと体操」と名付けて定期的に運動をする仕掛けを

病棟全体で取り入れて実施されていました。

 

また、患者さんを「おまたせしない」精神科一般病棟でのとりくみ!

処置やトイレ介助など、専門職として待たせてはいけないことも含めて

スムーズ・スピード対応をすべく、パソコンで情報管理に工夫をされていました。

 

 

☆立川先生名言集☆

1

・新人の方が見て働けますか?

初めて見る人が動けるように、見える化・共有することが大事ですよ~

2

・改善のツールや仕掛けを作る!!

ネーミングも大事ですよ~、「一目瞭然シート」とかね(笑)

3

・ギャップを共有し、把握してもらうことに意味があるんです!!

2016年10月26日 |
1 / 3123