右メニュー
メニュー
メニューを閉じる




令和2年度TQM発表会

令和2年度TQM発表会
 本年度は新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、外来診察や面会の体制変更に加え、イベントや院内研修などにおいても感染予防を最優先すべく様式の見直しや中止が余儀なくされていました。しかし、そんな状況の中だからこそ患者様・ご家族様、またご協力いただいている関係機関の皆様との連携を弱めることなく、より良い医療を提供できるよう、各部署でTQM活動を続けてまいりました。TQM発表会につきましても感染予防を最優先するために様式を検討し直し、例年ではご参加いただいている関係機関の皆様にご参加いただけない残念な結果となりましたが、「より良い医療を」という精神を職員一同絶やさないために、感染対策を万全にして発表会を行いました。

 実施した感染対策として、例年ではプレゼンテーションや劇など演出的な発表を行っていましたが、本年度は各部署で発表用の動画を事前に作成し、発表会では人数制限を設け密を回避した環境で動画を視聴する形をとり、飛沫感染を防止しました。もちろん、換気や入退場時の手指・物品消毒、経路の区分けなど、一般的な感染予防策もあわせて実施しました。また、質疑応答や感想についてもアンケートへの記入方式をとり、飛沫感染を予防しました。これには意外な効果があり、発表会の場で挙手してまでは意見を言いにくかった職員でも気軽に意見を記述でき、例年以上のフィードバックを得られました。

 世間ではリモートワークが推奨され医療分野での研修も動画配信という形に変化していっているように、動画というコンテンツが注目されています。本年度の発表会では、動画視聴という様式をとることで感染対策と研修会を両立できたデモケースととらえ、新しい生活様式にそった研修会が続けられるよう体制を検討し、皆様により良い医療をご提供できるよう一丸となって励んでまいりたいと思います。

 国内の感染者数は減少傾向にあり、またワクチン接種の目途も立ちつつありますが、患者様の安全を最優先すべき状況に変わりはなく、引き続きご不便をおかけすることとなりますが、ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。





 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2021年2月19日